瀬戸内海の蟹

この時期に美味しくなる渡り蟹は、正式名をガザミという、内湾に生息する大型の蟹で、瀬戸内海で蟹といえばこれをさします。
他にも大阪(ミナミの道頓堀にあるグリコのネオン看板が象徴的存在かもしれません)湾や伊勢湾、有明海の浅い内海で網引きによって漁獲されますが、日本での漁獲高は近年減少しています。
最高級品は甲幅30センチにも達する、すさまじく大型の蟹であり、最高の美味として知られるメスの卵巣のほか、身肉や蟹ミソも大変美味しいことから、古くから愛(親子、恋人、友人、色々な形がありますね)され、かつては食用の蟹といえば渡り蟹をさしていたほどでした。

鍋が美味い
鍋が美味い

いろいろな食べ方が楽しめる渡り蟹。
中でも茹で蟹や蒸し蟹にして食べるスタイルが最もスタンダードだといえます。
さらに、パスタや味噌汁などいろいろな料理に生かせる万能の蟹といえます。
モズクガニをご存じですか。
何と、かの有名な上海ガニとすさまじく近い親戚に当たります。
ヒョウ柄にも似た背中の模様が特徴で、上海ガニより小ぶりで、甲幅8センチメートルくらいです。
多くは、成体で170から180グラムになると考えてちょーだい。
それから、小さい個体は雄の事が多いです。
食用がにとしては、昔から日本各地で地味に利用されてきました。
理由あり品のお得感って癖になりますよね。
理由ありに目がない私は、インターネットでもお店でもまず理由ありチェックをするのが常ですが、近頃気になっているのがかに通販の理由あり品です。
いちいち説明がついているわけではないので、いったい如何なる理由でそうなっているのか、気にしなければいいというわけでもないですね。
基準は統一されていないので、販売店によって差が出ることもありますが、意外に似通っていることが多く、基準より大きすぎるとか、小さいというのも基準を外れるので理由ありの仲間になります。
理由ありといっても明らかなものもあれば、ほとんど正規品と遜色ないものもあり、ちょっとしたバランスの問題などで理由あり入りすることもあるので、お得ですね。
店頭に並べた時ちょっと見栄えの悪い甲羅の傷はどんなに小さくても「理由あり品」転落ポイントです。
聞いているだけで申し理由ないような気分になってきました。
余程のセレブでない限り気にもしないでしょうし、安こころして購入し、思う存分かにを堪能してちょーだい。
皆様は蟹通販を利用したことはありますか? 蟹通販では、北海道や山陰などの名産地から新鮮な蟹を取り寄せることが可能です。
しかし便利である反面、蟹通販業者の数は多く、それぞれに値段や利用条件が大きく違っていることもあるので、どの業者から蟹を買うかという点は、慎重に考える必要があります。
念入りに捜せば、お得な条件で利用できる業者もおのずと見つかるでしょう。
しかし、お得すぎるのも禁物です。
あまりに安価な場合、品質やトラブルのリスクなど、どこかに落とし穴がないか、しっかり確認し、無用なトラブルを避けましょう。
蟹通販にもデメリットがあります。
それは何かというと、蟹をじかに見て選ぶことができないことが真っ先に挙げられます。
普通の店なら、蟹の具合を見て買える上、その場で試食指せてくれる店舗も多くあります。
また、お店によって塩加減なども千差万別なので、自分や家族にとって一番美味しいお店を探すことも出来ます。
しかし、通販ではそれはできません。
蟹通販なら簡単に利用できて安いというのはありますが、実店舗にしかないメリットもあります。
かにの産地といえば?と聞くと、国内では北海道になるでしょうか。
そうなるのも当たり前なのです。
日本で水揚げされる毛蟹の産地はすべて北海道なのです。
それ以外のかにの産地はどこでしょうか。
日本各地にそれぞれの種類が有名な産地を思いつくのではないでしょうか。
ズワイガニでいえば、松葉ガニのブランド(人に自慢したい、見せびらかしたいという気持ちが少なからずあるような気がします)で知られるように、鳥取産がオイシイことで知られています。
かにを食べたいなあと無性に思うことがあるんですが、考えてみるとそれってだいたい冬なんですよね。
1年も押し詰まった頃の恒例となっているのが産地からの通販で購入して、いろいろな産地や種類のかにの食べ比べをしています。
ただいつも困ってしまうのが扱う店の多さです。
毎年もしかしたら当たりはずれもあるかも知れないしと、悩みの種になります。
冷凍しているとはいえ、生鮮食品のかには、美味しくなかっ立としても次と簡単に考えられるお値段でもありませんので、信用できるお店を捜したいですよね。
その不安を解消するのにぴったりなのが口コミ(近頃ではどんなCMよりも集客効果が高いなんていわれていますね)です。
できればそのお店自体のホームページだけではなく他のところのもチェックすれば、安こころして買い物が出来ますね。
急速に広まった蟹通販。
蟹通販で蟹を購入する利点の最たるものといえば、北海道や山陰など、各地の美味しい蟹を産地直送でくりっく一つで買えてしまう部分だといえます。
一般店舗の場合、流通ルートを経て店頭に並ぶので、「直送」の威力に勝るものはなく、どうしても鮮度の面では劣ってしまいます。
なので、新鮮さを重視して蟹を選ぶ場合、どんなお店で買うより、通販で直接頼むのが最も賢い方法なのです。

瀬戸内海の蟹

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。